【ダンガンロンパSS】大神「苗木、頼みがあるのだが」 苗木「??」

1 : 以下、名… – 2013/10/24(木) 23:49:01.16 iD7vcMnR0 1/38
大神「苗木よ、我の肛門から朝日奈を引き出してやってくれ」

苗木「えっと、意味が分からいんだけど・・・」

大神「何も難しいことなどない。朝日奈が我の肛門から出てこれなくなってしまったのだ!」バアン

苗木「いや、・・どうして大神さんの・・その、お尻の穴に朝比奈さんが?」

大神「トレーニングの弊害だ」

苗木「そうなんだ・・・」

3 : 以下、名… – 2013/10/24(木) 23:50:42.86 iD7vcMnR0 2/38
苗木「でもここ食堂だよ!?なんでこんなとこで・・」

苗木「それにどうして僕に頼むのさ?ほかにも女子はいるじゃないか」

大神「女子ではおそらく力の関係で歯が立つまい」

苗木「じゃあもっと力のある大和田くんに頼むとかさ・・」

大神「苗木よ・・我も女だ。恥じらいというものがある・・」

大神「お主は男のなかで最も中性的な見た目をしている・・だからこうして頼んでいるのだ」

苗木「う・・うーん」

4 : 以下、名… – 2013/10/24(木) 23:51:59.72 iD7vcMnR0 3/38
苗木「まあ朝日奈さんのためでもあるし、仕方ないか・・」

大神「すまぬ。苗木よ」

苗木「じゃあ大神さん、その、言いにくいんだけど・・・」

大神「うむ。いま下着を脱ぐからそっちを向いていてくれ・・・」

苗木「う・・うん・・」

スルスル・・・

苗木「(うわった・・・布擦れの音が生々しいなあ・・・)」

大神「苗木よもういいぞ」

苗木「うん・・ってうわぁ!!なんで四つん這いになってるのさ!」

6 : 以下、名… – 2013/10/24(木) 23:52:54.69 iD7vcMnR0 4/38
大神「こうでもせねば取り出せまい」

苗木「そ・・そうだけど・・・」

苗木「(アレがついてない・・・本当に女の子だったんだ・・・)」

苗木「(でも舞園さんのとは大分違うんだなあ・・・)」

大神「我も恥ずかしいのだ。早くしてくれ苗木」

苗木「じゃ・・じゃあお尻に手をいれるからね・・?」

ズブブブッ

7 : 以下、名… – 2013/10/24(木) 23:55:07.49 iD7vcMnR0 5/38
大神「うう・・ああっ!」メリメリ

苗木「(す・・すごい締まりだ・・・これだけの筋肉なら当然か・・)」

苗木「(しかし随分スムーズにはいるなあ・・・)」ヌルヌル

大神「あぁあん・・・」

苗木「・・!なにか掴んだ!よし!引っ張るよ!!」

大神「ひぃぃん・・・!」

苗木「くそっ・・・とれない・・・!」

大神「おっはぁ・・・!!」

苗木「思いっきりひくんだ!!」グィィィ

8 : 以下、名… – 2013/10/24(木) 23:57:03.55 iD7vcMnR0 6/38
ズボボボボッ!!

大神「うおおおーーー!!」

苗木「うわぁぁーーー!!」

ズルズルズルッ!!

苗木「出た!朝日奈さん!!」

大神「朝日奈よ・・・こ・・これは!?」バン

苗木「し・・死んでる!?」ドン

大神「朝日奈ぁぁぁーーーー!!!」ババン

ピンポンパンポーン

モノクマ「死体が発見されました。これより一定時間の後、学級裁判を行います!」

10 : 以下、名… – 2013/10/24(木) 23:59:27.56 iD7vcMnR0 7/38
ーーー食堂ーーー

一同「・・・」

大神「以上が我の犯した罪だ・・・」

大神「我は・・・朝日奈を殺した・・我は・・・」

十神「本当なのか?苗木」

苗木「う・・うん。間違いないよ・・・」

桑田「なら今回は裁判なんか開く必要なくね?!」

葉隠「もう犯人は決まってるべ!!」

江ノ島「ちょっとアンタら!デリカシーなさすぎんだろ!」

石丸「少しは大神くんの気持ちを考えたまえっ!!」

12 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:00:18.95 5arswt2f0 8/38
十神「とにかく今回は犯人ははっきりしているんだ」

セレス「大神さんを一人にしてさしあげましょう・・」

・・・

・・

苗木「(確かに今回の件は一見すると明らかに大神さんが犯人だ・・けど・・)」

霧切「苗木くん」

苗木「霧切さん!」

霧切「目に見えるものだけが全てじゃないのよ・・。もしも今回大神さんが犯人じゃないとしたら・・・」

霧切「彼女を救う鍵を握るのは現場にいたアナタなのよ・・」

14 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:01:28.22 iD7vcMnR0 9/38
苗木「そうだ・・もしも大神さんが犯人じゃなかったら・・・!」

苗木「ありがとう霧切さん、僕も出来るだけのことはしてみるよ!」

霧切「ふふ・・頑張ってね」クスッ

捜 査 開 始

「まずは今回の犯行についてモノクマファイルを見ておこう」

・今回の被害者は朝日奈葵

・死因は中毒死

・体内に特別な毒素などは存在せず、肛門内で死に至ったものと思われる

苗木「中毒死って・・・朝日奈さん辛かったろうに・・」

コトダマ「モノクマファイル」を入手した!

15 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:02:19.15 5arswt2f0 10/38
苗木「それから大神さんに話を聞いてみるか」

苗木「大神さん・・」

大神「苗木か・・・」

苗木「辛いとは思うんだけど、事件当時の話を聞かせてもらえないかな」

苗木「特に、僕が合流するまでのことをさ」

大神「・・・」

苗木「事件の真相を明らかにすることこと、朝日奈さんが望んでいることなんじゃないかな・・・」

大神「我にできることは・・真相を明らかにし、裁かれることのみ。わかった、話そう」

17 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:03:35.64 5arswt2f0 11/38
大神「今日は朝日奈とトレーニングをすることになったのだが」

大神「昨日の夕食であるてっちりを食べすぎたということもあってな」

大神「重めのトレーニングの一環として我の肛門の中に入ることにしたのだ」

苗木「それはちがうよ!」

大神「はじめはトレーニング室で行っていたのだが」

大神「どうも入れにくいということで、潤滑油代わりになるものを探していたのだが」

大神「食堂にオリーブオイルがあることを思い出してな、食堂に移動したのだ」

苗木「だから食堂であんなことしてたんだね」

18 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:04:58.67 5arswt2f0 12/38
大神「食堂には舞園と不二咲がいたが、我らが入ると同時に外に出て行ったな・・」

大神「食堂で準備をするために下着等を脱いでいると」

大神「そこで桑田が入ってきたのだ。本人は何か飲み物を探しているといい、厨房に入った後すぐに部屋に戻ったな」

大神「そのあと大和田が入ってきたが、我らを見るとすぐに部屋に引き返したようだ」

大神「結局厨房にはオリーブオイルが見つからず、どうしたものかと考えていると」

大神「朝日奈がすぐに戻ると食堂を飛び出し、その5分後になにか油のようなものを持ち帰ってきたのだ・・」

苗木「油を・・外で?」

19 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:06:58.31 5arswt2f0 13/38
大神「朝日奈いわく、ある人にもらったと言っていたが・・・深くは聞いておらん」

大神「そして我らはその油でトレーニングを始め、しかし朝日奈が我の肛門からぬけなくなり、お主がたまたま食堂に来て・・・」

苗木「あとは僕の知ってるとおり、ってわけだね」

大神「うむ・・すまぬ・・朝日奈よ・・・」

苗木「ゴメンね、辛いこと聞いて。でもよくわかったよ!!」

コトダマ「大神の証言」を手に入れた!

キンコンカンコーン

モノクマ「えー、時間になりました!生徒諸君はただちに集合してくださーい!」

苗木「おっと、もう時間か・・個々に聞き取りをする時間はなかったな・・・」

20 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:09:00.54 5arswt2f0 14/38
学 級 裁 判 開 廷

モノクマ「えー、まずは、学級裁判のルールを・・(以下略)」

桑田「でもよー今回は裁判する必要なくね?」

大和田「たしかにな・・いいたかぁねぇが犯人は決まっちまってるし」

不二咲「でも・・大神さんはワザとやったわけじゃないんだよ?なのに・・」

舞園「そうですよ!モノクマさん、これじゃああんまりです!」

山田「たしかにこれは気の毒ですなぁ~」

モノクマ「えーいだまらっしゃい!!」

モノクマ「間違ったじゃすまないの!社会に出たら間違った、なんて通用しないんだからね!!」

22 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:09:38.81 5arswt2f0 15/38
大神「いいのだ皆よ・・我は裁かれるべきなのだ」

大神「早速投票をして・・」

霧切「ちょっと待って」

一同「!」

霧切「結論づけるのは簡単よ。時間はあるんだから一応今回の事件について話し合いをしておくべきじゃないかしら」

苗木「僕もそう思うよ・・今回の事件、そんな簡単な事件じゃない気がするんだ」

十神「ほう・・ではその根拠を聞かせてもらおうか」

腐川「そ・・そうよそうよ!今回の事件は単純に決まってるわ!」

霧切「どうしてそう思うの・・?」

23 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:10:42.71 5arswt2f0 16/38
議 論 開 始 !

腐川「だ・・だってそうじゃない!!」

腐川「あの女が死んだ時に・・・」

腐川「そばにいたのは苗木と犯人の大神だけなのよ?!」

腐川「死体発見アナウンスだって流れたし・・!」

腐川「大神以外に誰が犯罪を犯したっていうのよ!」

苗木「それは違うよ!!」バァン

B R E A K ! !

24 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:11:29.49 5arswt2f0 17/38
苗木「本当に・・あの時大神さんのせいで朝日奈さんは死んだのかな」

葉隠「なにいってんだべ!間違いないべ!」

石丸「うむ、それは間違いないのではないか?!」

十神「そうか・・そういうことか!」

セレス「どういうこと・・ですの?」

桑田「一人で納得してんなよ!おい!」

霧切「死体アナウンス・・・そうでしょ。苗木くん」

苗木「そうなんだよ」

25 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:12:23.28 5arswt2f0 18/38
苗木「死体発見アナウンスって・・たしか3人が死体を見つけた時点で流れるんだよね」

腐川「それがどうしたの・・・って・・ああっ!!」

舞園「あの時、朝日奈さんを見ていたのは!」

苗木「そうなんだ・・あの時現場には僕と大神さんしかいなかった・・・」

十神「あの時点でアナウンスが流れることはおかしいということか・・・!!」

霧切「本来大神さんが彼女を殺したのであればアナウンスはみんなが集合した時に流れるはず・・」

苗木「ってことは・・・」

霧切「そう、少なくとも彼女が死んだとき、誰かがその様子を見ていた、ってことになるわね・・」

苗木「その誰かっているのは・・」

霧切「真犯人ってことになるかしら」

26 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:13:44.19 5arswt2f0 19/38
一同「!!」ザワザワ

江ノ島「ってことは犯人は厨房にいたってこと?」

十神「それはないだろう・・俺たちが集合したときには全員が入口からはいってきたはずだ」

十神「殺人がおきてから集合まで苗木たちが常に食堂にいたわけだが・・その間に厨房から誰か出てきたのか?苗木」

苗木「出てきてないよ・・・十神くんの推理でまちがいないはず」

十神「でしゃばるな・・・!」

苗木「・・・」

27 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:14:19.51 5arswt2f0 20/38
石丸「ということは!犯人は外から大神くんらのことを監視していたのかね!?」

霧切「恐らくそうでしょうね・・犯人は小心者だったのか用心深かったのか知らないけれど」

霧切「犯行を見届けるという律儀な性格が今回の犯行を気づかせることになるなんて皮肉ね・・・」

セレス「でもちょっとまってくださる?」

舞園「セレスさん?」

十神「なんだ。いってみろ」

セレス「では、きいてくださるかしら」

29 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:15:04.70 5arswt2f0 21/38
議 論 開 始 !

セレス「朝日奈さんが他の誰かに殺されたというのはありえません」

セレス「彼女は大神さんの肛門の中で窒息したのですよ?」

セレス「他の誰かが大神さんの肛門圧を調整できるわけでもない・・」

セレス「この犯行は大神さん以外には不可能ですわ」

苗木「それは違うよ!!」バァン

B R E A K ! !

31 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:16:14.16 5arswt2f0 22/38
苗木「これを見てみてよ」

「モノクマファイル」

セレス「これがなにか?」

不二咲「ええと・・・これによると・・ってああ!」

苗木「そうなんだ・・」

大和田「おい!どういうこったよ!!」

霧切「まだわからないの?彼女の死因は・・・」

苗木「中毒死なんだよ!」ドン

32 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:17:30.26 5arswt2f0 23/38
セレス「中毒死・・・?」

霧切「そう、彼女の死因は窒息じゃないのよ。何らかの薬物もしくは毒物による中毒死なの」

山田「ってことは・・どういうことですかな?」

十神「朝日奈は他の誰かに毒を盛られて死んだ・・ということか・・」

霧切「状況からして大神さんの肛門に付着していたローションに毒物が含まれていたと考えるのが妥当でしょうね・・・」

石丸「ローション!そんなものが学校にあるとは思えんが・・・!」

舞園「きっと、油を使ったんだと思います・・・油はローションの代わりになりますから」

苗木「舞園さん・・・」

33 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:18:37.32 5arswt2f0 24/38
不二咲「じゃあその油を朝日奈さんに渡した人が真犯人ってことだよね?」

山田「しかしそれを知るのは朝日奈葵殿だけではないですかな?」

大神「我もそれについては確認をしておらんかった・・・」

大和田「じゃあ・・・迷宮入りってことなのかよ・・・!」

霧切「誰が渡したかわからないなら、なぜその油を使ったかを考えてみましょう」

桑田「なぜって・・どういうことだ??」

舞園「単純に肛門の拡張が甘かったからじゃないんですか?」

苗木「舞園さん・・・」

34 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:20:00.62 5arswt2f0 25/38
葉隠「でもよ、普通そういうのに使う油って人からもらうおうとはおもわねぇべ・・恥ずかしいもんな」

霧切「誰だってそう考えるでしょうね」

苗木「・・大神さん、言ってたよね?本来であれば食堂でオリーブオイルを使うつもりだった・・って」

大神「うむ。たしかにそう言ったが・・・」

石丸「ではなぜ!わざわざ人に油を貰いに行ったのかね!!」

大神「食堂に油がなかったのだ・・・」

舞園「え!それはおかしいですよ!」

セレス「ええ、私も今朝朝食後にミルクティーを作りに厨房に行った際にたしかにオリーブオイルはありましたわ」

山田「作ったのは僕ですけどね・・」

35 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:21:09.84 5arswt2f0 26/38
不二咲「それにも関わらず厨房にオリーブオイルや他の油がなかったってことは・・・」

霧切「誰かが油を処分して、あえて他の人から油を借りるように仕向けた・・ってことでしょうね」

舞園「でも!私と藤崎さんは朝食後大神さんたちが来るまでずっと食堂にいましたけど」

不二咲「誰も厨房にはこなかったよねぇ・・・」

山田「油を厨房から処分したのが犯人なんですよね・・・」

大和田「じゃあお前らどっちかが犯人ってことかよ!!」

舞園「ち・・違いますよ!!」

霧切「苗木くん・・・もうわかっているんでしょう?ただ一人、厨房から油を処分することができた人がいるってこと・・・」

苗木「そうか・・・!!」

犯 人 を 指 名 し ろ

36 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:21:55.76 5arswt2f0 27/38
苗木「犯人は・・・桑田くん、君なんだ!!」

桑田「・・・はぁ?」

苗木「大神さんから聞いたよ・・君は大神さんたちが食堂に来て、プレイの準備をしている最中に厨房に入ったって」

舞園「たしかに・・私たち大神さん達の邪魔にならにように入れ替わりで厨房を出たんですけど」

不二咲「廊下で桑田くんとすれ違ったよ・・・」

大神「大和田も確かに食堂に来たが・・・厨房には行かずすぐに出て行ったな・・」

霧切「油を捨てることが可能だったのはアナタだけってことね・・・」

桑田「おいおいおいおいおい!!ちょっと待てって!!そんだけで俺が犯人かよ!ふざけんなよ!!」

38 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:23:09.18 5arswt2f0 28/38
桑田「だいたいよ!!そんなん全部推論じゃねえかよ!!」

桑田「毒をまぜただぁ!?毒なんてどこにあるんだっての!!」

桑田「そもそも朝日奈の身体からはよ!!毒物なんて見つかってないんだろお?!」

桑田「じゃあ結局窒息したんだろうよ!!」

桑田「大神が犯人だろうがよ!!」

霧切「苗木くん、アナタにはわかっているでしょう?体内に毒素を残さずに人を殺すことができる・・」

霧切「そして食べ物を扱うならば比較的容易に手に入る毒物・・・あれのことよ」

閃 き 穴 グ ラ ム

○ ○ の ○ く

39 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:24:21.69 5arswt2f0 29/38
苗木「そうかわかったぞ!!」

苗木「ふぐの毒・・だね?」

桑田「ああ?!」

十神「なるほど・・・その手があったか・・!!」

大和田「オイオイ!なに納得してんだてめぇらだけでよ!」

セレス「ふぐの毒・・・体内に蓄積されることなく体液として体外に排出される・・」

石丸「な・・・なんだとっ!!」

山田「しかし、なぜそんなことを知っているのですかな・・・?」

セレス「あら、命をかけたギャンブルですもの、そういった知識には詳しいですの」ニコ

山田「ヒィィィーーー!!」

40 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:25:18.27 5arswt2f0 30/38
苗木「きっと桑田くんは・・・大神さんたちのプレイ内容を聞いて」

苗木「その後厨房に入った時にこのトリックを思いついたんだよね?」

霧切「お誂え向きに昨晩の夕食はてっちり。その残りのふぐがあっても何らおかしくはないわ」

霧切「一応きいておくけど・・・厨房のふぐには毒袋がついたままなのよね?」

モノクマ「そうです!犯罪に役立つものは基本的にありのままにしてあります!!」

十神「だそうだ」

苗木「認めてくれるよね・・・?桑田くん」

桑田「ふざけんじゃねーーーー!!」

41 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:26:19.35 5arswt2f0 31/38
桑田「結局そんなん全部状況証拠じゃねーーかーーー!!」

桑田「俺がやったっていう証拠はあんのかよ!!」

桑田「じゃなきゃみとめーぞ!!アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホ!!!!」

桑田「だいたい油ってなんだよ!超高校級のシェフじゃあるまいし油なんて持ってるわけねーだろが!!」

桑田「わかったかよー!アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホーー!!!」

霧切「あるわよ」

桑田「アホアホアホ・・・へ?!」

霧切「あなたがやったって証拠があるのよ・・・」

42 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:26:54.74 5arswt2f0 32/38
霧切「苗木くん、わかっているんでしょ?彼が使ったと思われるその油の正体が・・・」

苗木「(そうか・・油を借りに行ったのは朝日奈さん。そして彼は超高校級の・・・)」

苗木「(これらをヒントにすれば、おのずと答えは出てくるはず・・!」

閃 き 穴 グ ラ ム

○ ○ ー ブ の ○ イ ○

45 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:28:11.39 5arswt2f0 33/38
苗木「そうかわかったぞ!!」

苗木「グローブのオイル・・・だね」

舞園「グローブのオイルって・・・なんですか?」

江ノ島「アタシ聞いたことある・・・たしか野球のグローブってオイルを揉み込んで柔らかくしないと手になじまないとか・・・」

葉隠「俺もよくやったべ!中学時代に野球にはまってた時期があんだべ!」

十神「ほう、驚きだな。貴様の頭蓋骨にも中学の頃の記憶を保存しておくだけの脳みそがあるとはな」

葉隠「ギュンギュンにつまってるべ!!」

舞園「なんだ、普通にローションを持ってたわけじゃないんですね」

苗木「・・・」

46 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:28:43.63 5arswt2f0 34/38
腐川「超高校級の野球選手ともあれば・・それを持ち込んでないわけがないわね・・」

霧切「加えて朝日奈さんは生粋の運動部。野球部がオイルを使うことを知っていてもなんら不思議はないわ・・・」

十神「おい桑田、お前のオイルを見せてみろ。それが大神の肛門に残っていた油と一致するか調べてやる・・・」

霧切「先に言っておくけど、なくしたなんて言い訳はなしよ」

十神「もし持ち込んでないなんて言い訳をするなら・・・部屋を徹底的に探させて貰うぞ」

桑田「アホアホアホアホアホ・・・・アポ?」

47 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:29:24.76 5arswt2f0 35/38
苗木「最後に事件を振り返って、すべて終わらせるよ・・!」

苗木「これが事件の全貌だよ!」

ク ラ イ マ ッ ク ス 推 理

苗木「大神さんと朝日奈さんは大神さんの肛門の中に朝日奈さんが入るというトレーニングをしていた・・」

苗木「でも大神さんの肛門が思った以上に狭く、、二人はローション代わりにオリーブオイルを使おうと食堂までやってきたんだ」

苗木「食堂で下着を脱いでいたところをたまたま目撃した犯人は、その機会に朝日奈さんを殺害することを思いつくんだ」

苗木「まず犯人は大神さんたちがプレイのためにオリーブオイルを使うことに感づいた」

苗木「そこで厨房に先回りして、オイルと名のつくもの全てを流しに捨てたんだ・・」

苗木「さらに、犯人は厨房にあったふぐから毒袋を取り出した・・」

48 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:30:07.79 5arswt2f0 36/38
苗木「そのまま犯人はいったん自室に帰る・・」

苗木「一方食堂では大神さんたちはオリーブオイルを見つけられない。そりゃそうだよ、すべて犯人が捨てているんだもの」

苗木「そこで運動部の朝日奈さんは思いつくんだ。野球部ならグローブ用のオイルを持っているかもしれないって」

苗木「朝日奈さんは犯人の部屋に向かう・・それが犯人の思惑だとも知らずに・・」

苗木「犯人は部屋に来た朝日奈さんにグローブ用のオイルを渡すんだ・・ただし、ふぐの毒がタップリと混ざったオイルをね・・」

苗木「そして食堂に戻った朝比奈さんたち、このとき実は犯人はあとをつけていて、食堂の外から様子を伺っているんだ」

苗木「もしこの時大神さんがオイルを誰から調達してきたか朝日奈さんに聞けば、後で犯行が自分のものだとバレてしまう・・・」

苗木「だから犯人はそれを監視して、もし朝日奈さんが自分の名前を出したなら、理由をつけてオイルを回収するつもりだったんだ」

苗木「結果的にそれが今回の犯行を気づかせることになっていまうとも知らずに・・・」

49 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:30:50.71 5arswt2f0 37/38
苗木「結局大神さんはオイルの出処を聞くこともなく、アナルにそれを塗ってしまう」

苗木「そこに頭を突っ込んだ朝日奈さんは、肛門の体温によって気化した毒素を吸い込み死んでしまう・・・」

苗木「ふぐの毒は大神さんが朝日奈さんを肛門から出すためにてこずっている間に朝日奈さんの体から抜け出てしまう」

苗木「大神さんの肛門がオシッコ臭かったのは、朝日奈さんが筋肉の緩和で尿をもらしたから・・・」

苗木「その時にふぐの毒素はすべて排出されてしまった・・・。」

苗木「一連の犯行・・それができたのは・・・桑田くん、君だけなんだ」ドキャアーーン

桑田「・・・・・・・・アポ」

霧切「終わったわね・・・」

苗木「うん・・・」

大神「朝日奈よ・・・終わったぞ・・・」

50 : 以下、名… – 2013/10/25(金) 00:31:42.44 5arswt2f0 38/38
ーーーエピローグーーー

苗木「その後、桑田くんはモノクマによって処刑された」

苗木「朝日奈さんはどうやら胸の脂肪のおかげで死なずに済んだようで、蘇生し、翌日から学園生活に復帰した」

苗木「結局この殺人以降、生徒同士での殺し合いはおきることがなかった」

苗木「業をにやしたモノクマが僕たちの記憶を奪ったことなどをバラしてきたが・・・」

苗木「モノクマの正体が江ノ島盾子であることを知った僕たちは、戦刃むくろの協力もあって」

苗木「江ノ島盾子を処刑することで事なきを得た(主に大神さんと戦刃さんがやった)」

苗木「僕はいま舞園さんと付き合っている。来春には子供が生まれる予定だ」

苗木「希望があるから!人は前に進むんだ!!」

fin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする