苗木「バンッ!!」 霧切「ひっ」【ダンガンロンパSS】

15 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 21:15:03.50 WUHk8D9kO 1/28
苗木「霧切さんの驚く顔、見たことなかったからさ」

霧切「趣味が悪いのね。女のそんな顔が見たいなんて……」

苗木「霧切さんの表情は、全部見ておきたいんだ。もう僕たち、恋人同士でしょ?」

霧切「う……うん///」

22 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 21:26:36.12 WUHk8D9kO 2/28
苗木「じゃあ次は……甘い表情を見せて貰おうかな」

霧切「きゃっ……止めなさい、苗木君!こんな所で……」

苗木「この部屋は防音で、監視カメラもない。それは霧切さんもわかってるよね」

苗木「きっとモノクマも、僕らの事見てるよ」

霧切「いや!!止めなさい!止めて!!」
28 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 21:50:41.91 WUHk8D9kO 3/28
苗木「霧切さんから誘ってきたのにそれはないよ」

霧切「そう……わかったわ」
ドスッ

苗木「……ぐはっ!?」

霧切「超高校級の探偵が、護身術を備えてないと思った?」

霧切「形勢逆転、ね」クスッ
31 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 22:01:06.60 WUHk8D9kO 4/28
苗木「霧切さん!?それは違うよ!!僕が上に」

霧切「苗木君。いつも下の癖に生意気よ。こういう時だけ上に立ちたがって……」

苗木「ご、ごめん……」

霧切「いいわ、別に。そういう苗木君も……素敵だと思うから」

苗木「霧切さん……」
32 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 22:04:50.29 WUHk8D9kO 5/28
霧切(とは言ったものの)

霧切(いざこういう状況になってみると、どうすればいいかわからないわね)

霧切(裁縫道具の中の人体の急所マップに書いてある急所をくすぐってみようかしら)

苗木「霧切さん……?僕、もう……」

34 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 22:14:13.53 WUHk8D9kO 6/28
霧切「ちょっと待ちなさいね……」ゴソゴソ

苗木「霧切さん……?」

霧切「……あった」

苗木「き、霧切さん!?」ガバッ

霧切「え?」

苗木「その裁縫道具で……僕に何するつもりなの?」
35 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 22:19:22.56 WUHk8D9kO 7/28
霧切「違うわ、苗木君。誤解よ……!!」

苗木「僕を油断させて、それで殺そうとしてたんだね……。霧切さん……」

霧切「何を言ってるの!私はそんな事……!!」

苗木「さよなら……」

霧切「待ちなさい。待って!苗木くん!!」

苗木「…………」バタン

37 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 22:30:47.79 WUHk8D9kO 8/28
-翌日-

朝日奈「あ、苗木だ!おはよう」

苗木「おはよう、朝日奈さん。皆はまだかな」

朝日奈「食堂に集まる人、どんどん減ってるもんね。あとは葉隠が来るかもしれないけど」

苗木「そっか……」

朝日奈「……苗木、なんか元気ないね。なんかあった?」

38 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 22:40:16.13 WUHk8D9kO 9/28
苗木(朝日奈さんになら、話してもいいかな)

苗木「実はね……」
朝日奈「あわわ……///」

苗木「ごめんね。朝日奈さんには過激すぎる話だったかな」

朝日奈「あんた達、いつからそんな関係に……。まぁ、それはいいや。霧切ちゃんに殺されかけたって?」

苗木「そうなんだ……」

41 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 22:47:22.61 WUHk8D9kO 10/28
朝日奈「うーん……。霧切ちゃんの話も聞きたいし……。そうだ!」

苗木「どうしたの?」

朝日奈「学級裁判を開こうよ!」

苗木「なっなに言ってるんだよ!霧切さんはまだ……!!」

朝日奈「違う違う。わたし達3人だけで裁判をするんだよ」

苗木「3P……?」

42 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 22:52:03.09 WUHk8D9kO 11/28
朝日奈「え?」

苗木「なんでもないよ。じゃあ、早速霧切さんを」

朝日奈「ちょい待ち。先にご飯食べよ?わたし、お腹空いちゃって……」

苗木「……そうだね。そうしようか」

朝日奈「えへへ~」
朝日奈さんと一緒に朝ごはんを食べた!

44 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 23:03:15.61 WUHk8D9kO 12/28
苗木「朝からドーナツは厳しいな……」

朝日奈「何言ってんの苗木!ドーナツは身体の原動力なんだよ!」

苗木「じゃあその原動力で、霧切さんを……」

朝日奈「あ、わたしが行くよ。苗木はここで待ってて」

苗木「あ、ありがとう」
52 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 23:17:12.48 WUHk8D9kO 13/28
朝日奈「えーとぉ……。と、とりあえず食堂まで来て!」

霧切「どうして?」

朝日奈「苗木がさ、ほら……。昨日の……」

霧切「苗木君が?」

朝日奈「そうなんだよっ。だから来てね!」

霧切「……わかったわ。すぐに行くから待っていて」

54 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 23:26:18.68 WUHk8D9kO 14/28
霧切「お待たせ」

苗木「霧切さん……」

朝日奈「来たね、霧切ちゃん!まぁ座って座って」

霧切「……ありがとう」

朝日奈「それではこれより、簡易学級裁判を開廷します!」

霧切「……どういう事かしら?」

苗木「僕もよくわかんない……」
56 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 23:31:37.73 WUHk8D9kO 15/28
朝日奈「まずは、学級裁判の簡単な説明から始めましょう……か?」

霧切「結構よ」

苗木「僕も……」

朝日奈「そだね」
朝日奈「苗木の証言によると、霧切ちゃんは苗木を殺そうとしたって事になってるよ」

霧切「それは違うわ。私は、そんな卑怯なマネ、絶対にしない……」
57 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 23:36:16.43 WUHk8D9kO 16/28
朝日奈「うーん。それについて、苗木。何かある?」

苗木「僕は昨夜、霧切さんに部屋に呼ばれたんだ。もう恋人同士だし、もう『そういう事』だと思った」

朝日奈「……///」

苗木「部屋に入って、少しイチャイチャした後、僕は霧切さんを押し倒した」

朝日奈「うわー……///」

58 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 23:41:57.22 WUHk8D9kO 17/28
苗木「だけど形勢逆転されて、霧切さんは僕に馬乗りになって、その後」

朝日奈「ダイタンだね、霧切ちゃん……」

苗木「裁縫道具を取り出して、急所マップを眺めてた」

霧切「…………」

苗木「命の危険を感じた僕は、そこで霧切さんの部屋から飛び出したんだ……」

61 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 23:46:57.12 WUHk8D9kO 18/28
朝日奈「間違いない?霧切ちゃん……」

霧切「……確かに私は、苗木君の細い腰に跨がり、急所マップを眺めていたわ」

朝日奈「細腰……ッ!?///」

霧切(面白いわねこの娘)

霧切「だけど目的は違うわ。全くね」
85 : 以下、名… – 2012/06/10(日) 23:51:22.97 WUHk8D9kO 19/28
霧切「苗木君。貴方にはもうわかってるんじゃないかしら?私の本当の目的……」

朝日奈「えっ?そうなの苗木!?」

苗木(なんかいつもの学級裁判っぽくなってきたな)

苗木「霧切さんが急所マップを眺めていた、本当の目的……?」

102 : ◆y4YzvVD3R2 – 2012/06/11(月) 00:04:59.07 nyKSnSftO 20/28
苗木「もし霧切さんが、僕を殺そうとしたのでなければ……」

苗木「……殺す以外に急所を探す理由?」

霧切「……もう答えはわかったわね?」

苗木「そうかわかったぞ!!」

朝日奈「おぉ、ひらめいたんだね?」

106 : ◆y4YzvVD3R2 – 2012/06/11(月) 00:10:56.94 nyKSnSftO 21/28
苗木「朝日奈さん。急所を擽られると、どうなるかわかる?」

朝日奈「えっ?そうだなぁ……。くすぐったい?」

苗木「そうなんだ。霧切さんは、僕を擽ってやろうと考えたんじゃないかな」

朝日奈「なにそれ。そんな訳ないじゃん!クールでカッコイイ霧切ちゃんがそんな」

霧切「……そう。その通りよ、苗木君///」

朝日奈「」

109 : ◆y4YzvVD3R2 – 2012/06/11(月) 00:19:37.60 nyKSnSftO 22/28
苗木「ごめんね、霧切さん……。僕、少し気が立ってたみたいだ……」

霧切「いいえ。私も迂闊だった。こんな学園であんな事されたら、誰でも怖いわよね……」

苗木「霧切さん……」

霧切「次は……あんな事にはならないから……」

霧切「今夜も……待ってるから」スタスタ

苗木「霧切さん……!!」

朝日奈「…………」

113 : ◆y4YzvVD3R2 – 2012/06/11(月) 00:26:19.33 nyKSnSftO 23/28
モノクマ「ちょっとちょっとちょっとぉー!!」
(あの音楽)

苗木「モ、モノクマ!?」

モノクマ「今のはかわいそうじゃない!?クマの目にも涙だよ!!」

苗木「だから、謝っただろ!?」

モノクマ「違うよぉ!こっちの乳女だよ!!」

朝日奈「ち、乳女……」
116 : ◆y4YzvVD3R2 – 2012/06/11(月) 00:30:49.09 nyKSnSftO 24/28
モノクマ「乳女はさぁ、オマエラの下らないオノロケを延々聞かされてたワケ!!長ぁい前フリのオノロケを!!」

朝日奈「まぁ……そうだよね。学級裁判とか、ちょっと図に乗ってさ」

苗木「あ、朝日奈さん……。ごめんね?」

モノクマ「腹立つわぁ……。今ならこのヘソでなんでも沸騰できそうだよ!!」
119 : ◆y4YzvVD3R2 – 2012/06/11(月) 00:38:24.73 nyKSnSftO 25/28
苗木「ごめん。本当ごめん」

モノクマ「もっと深く。土下座しろーっ!!」

苗木「すいませんでした」

モノクマ「『私たちの下らないオノロケに付き合わせて申し訳ございませんでした』!!復唱ー!!」

苗木「私たちの下らないオノロケに付き合わせて申し訳ございませんでしたぁぁ!!」

朝日奈「い、いいよもう。わかった。わかったから」

121 : ◆y4YzvVD3R2 – 2012/06/11(月) 00:44:31.46 nyKSnSftO 26/28
モノクマ「ふぅ……じゃあね」

朝日奈「あっ……」

朝日奈(今日のモノクマ、やけにわたしに優しいな……)

朝日奈(いつもの気まぐれ……かな?)

ジュンコ「あーっ、スッキリした」

ジュンコ「アイツラ、あたしの監視の外でイチャつきやがって……」

ジュンコ「スッゴいムカついたからぁ、かるぅいおしおきしちゃいましたぁ☆」

ジュンコ「朝日奈 葵、かぁ……」

ジュンコ(違う出会い方してたら、友達になってたのかもね……)

123 : 以下、名… – 2012/06/11(月) 00:47:08.64 nyKSnSftO 27/28
ジュンコ(ってダメダメ。何考えてるんだあたしは)

ジュンコ「総ては絶望のタメ……」

ジュンコ「今日は何を仕掛けようかなぁ♪」

-END-

124 : ◆y4YzvVD3R2 – 2012/06/11(月) 00:56:07.40 nyKSnSftO 28/28
中途半端でごめん!

見てくれた人、どうもありがとう。

時間があればまた書きたいな、ダンガンロンパ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする