【ダンロンSS】大神さくら「ここが学園都市か」

1 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:03:51.22 ntPbbgYY0 1/25
学園都市

大神さくら「ここが学園都市か…」

大神さくら「我が最強になるには、ここで超能力を手に入れその超能力をケンイチロウに教え、ケンイチロウを倒した時…」

大神さくら「我は最強になる。では早速参るとするぞ!」

2 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:05:12.22 ntPbbgYY0 2/25
大神さくら「それにしても、ここは本当に人が多い…」

大神さくら「ここにいる人全てが超能力者だと考えると…フフ」

大神さくら「少しワクワクしてきたな。」

大神さくら「だが…我はどの様にして超能力を手に入れればいいのか…」

大神さくら「やはり、我1人では無く…朝日奈や苗木を連れてくるべきだったか」

大神さくら「…む。あやつは…」

4 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:06:17.35 ntPbbgYY0 3/25
大神さくら「あれは…確か歌丸とかいう名前の…」

大神さくら「そこの老人よ…」

歌丸師匠「ん?何ですか?」

大神さくら「すまぬこと伺うが…主は歌丸とかいう名前の老人では無いか?」

歌丸師匠「はい。そうですよ。」

大神さくら「やはりか…実はケンイチロウ…我の友人が主のファンでな、迷惑でないのならサインをくれぬか?」

歌丸師匠「いいですよ。…はいどうぞ」

大神さくら「うむ…心遣い感謝する」

歌丸師匠「では、私はこれで」

大神さくら「流石学園都市といったところか…では、我はコンビニへ行くとしよう」

5 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:07:00.26 ntPbbgYY0 4/25
大神さくら「コンビニか…そういえば今週は江ノ島循子が表紙を飾る雑誌が出る筈だった気がするな」

大神さくら「先月の雑誌には確か今は、チェクのシャツが流行っていると書いてあったが今週は一体どんな事が書いてあるか…」
ウイーン

店員「いらっしゃいませー」

6 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:08:38.26 ntPbbgYY0 5/25
大神さくら「どれ……む」

大神さくら「あったぞ。……ほう、今週は可愛い化粧の仕方か…」

大神さくら「何と!!化粧で人はこんなに変わるのか!!」

大神さくら「我も化粧をすべきか…いや、化粧は肌に悪いと聞いた事がある」

大神さくら「ここは来週にでも、江ノ島循子に聞いてみるとしよう」

大神さくら「流石にこれ以上の立ち読みは他の客の迷惑になるか……ん?」
御坂(な、何よあいつ⁉……)

御坂(こんな真昼間から女装で雑誌を立ち読みとか…可笑しいわよ絶対⁉)

大神さくら「そこの者よ…」

御坂「は、はひぃ⁉」(ヤバッ…気付かれた⁉)

大神さくら「我に何かようでもあるのか?」

9 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:09:59.97 ntPbbgYY0 6/25
御坂「い、いやぁ~凄い筋肉だなぁ~と思って…」

大神さくら「そうか…それは嬉しいことを言ってくれるな。感謝する」

御坂「あ、あはははは」(早くどっか行ってよ!!)

大神さくら「ん…?そ……」

御坂「そ?」(そ?…そがどうかしたのかしら?)

大神さくら「それはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」ゴゴゴゴ

御坂「うわっ⁉な、なに⁉」

大神さくら「貴様ぁ……」ゴゴゴゴ

御坂「は、はい!!」(ひいぃぃぃぃぃぃ!!コイン、コインを)

大神さくら「そのストラップ…ゲコ太のストラップを何処で手に入れた!!!」

10 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:14:00.48 ntPbbgYY0 7/25
御坂「……え?」

大神さくら「すまぬ…興奮しすぎたな」

御坂「は、はぁ…それで…えっと?」

大神さくら「あぁ、その主が持っているゲコ太のストラップは何処で手に入れたのだ?」

御坂「ゲコ太のストラップって…もしかしてこれ?」

大神さくら「そうだ…恥ずかしながら我もゲコ太が好きでな…つい気になってしまったのだ」

御坂「へぇー…以外ね」(こいつ…別に悪い奴では無いみたいね)

大神さくら「それで…それは一体どこで?」

御坂「これはね、お菓子のおまけストラップよ」

大神さくら「そうか…では早速買いに行くか。教えてくれて感謝する」

11 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:15:54.13 ntPbbgYY0 8/25
御坂「あ、ちょと待って!」

大神さくら「む…何だ?」

御坂「私これ二個あるから…あげるわ」

大神さくら「なっ!それは真か!!」

御坂「ええ、ゲコ太好きならあげるわ!」

大神さくら「済まないな…気を使わせてしまい…」

御坂「いいって!」

大神さくら「では、我はこれを主にあげよう」

御坂「‼こ、これは‼」

大神さくら「プロテイン限定の…」

御坂「武神ゲコ太‼」

御坂「こ、こんなレア物貰っていいの⁉」

大神さくら「我も同じのを持っているからな…先のストラップのお礼だ」

御坂「で、でも…」

大神さくら「ふ……ゲコ太好きなら黙って貰うが礼儀だぞ…」

12 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:17:23.83 ntPbbgYY0 9/25
御坂「…分かったわ!有難く頂戴するわね!」

大神さくら「あぁ…それでこそゲコ太好きだ!」

御坂「私、御坂美琴!よろしく!」

大神さくら「我は大神さくらだ!よろしく頼むぞ」

御坂「さくらって…」

大神さくら「ん?どうかしたか?」

御坂「い、いや別…」(女の子だったんだ…)

大神さくら「そうか…では、我は失礼する。御坂よ…また何処かで会おう」

御坂「うん!じゃあね!」

大神さくら「いい奴に出会ったものだ…さて次は>>15に行くとするか」

※学園都市内で

15 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:20:34.26 LXBBL0ht0 10/25
木原神拳を習いに

18 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:32:07.05 ntPbbgYY0 11/25
大神さくら「今日はもう夜か…明日に備えて寝るとするか」

ホテル

大神さくら「グー…グー…」

夜中

大神さくら「…ハッ!…何だこの邪悪な気は‼」

大神さくら「ん?…夜中の筈なのに何故あそこは明るいのだ?」

大神さくら「目も覚めてしまったから見に行くとするか」

大神さくら「な…何だ…これは⁉人が倒れている‼それもこんな大人数、一体何が…?」

大神さくら「先に感じた邪悪な気といいあの明るい場所…まさかこれと関係しているのか…」

大神さくら「やはり苗木を連れてくるべきだったか…」

大神さくら「とりあえず、あの明るい場所へ向かうとするぞ!」

19 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:38:01.98 ntPbbgYY0 12/25
………………
…………
……

木原「チッ…一方通行の野郎!打ち止めを何処に飛ばしやがったんだ‼」

木原「おいてめぇら‼早く探し連れてこい!」

部下達「はっ!」

木原「ったく…使えねぇ部下共だ…」

大神さくら「そこの者よ…少し良いか?」

木原「あぁ?…何だてめぇ?」

大神さくら「主と白髪の男の先にしていた決闘を見ていたぞ」

木原「…そうか。で?それがどうした?」

大神さくら「主の殴り方が中々面白くてな…あれは何なのだ?」

20 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:48:08.49 ntPbbgYY0 13/25
木原「あぁ…木原神拳のことか」

大神さくら「木原神拳というのか…主が白髪の男を殴る時、一瞬腕を引いていたが…」

木原「⁉」(こいつ…あの一瞬の動きが見えたのか⁉)

大神さくら「何故主の腕は引いたのにも関わらず、奴の顔に…」

木原「分かった、分かった…教えてやるよ」(こいつに木原神拳を教えれば、中々使えるかもな…)

説明中

大神さくら「成る程…中々面白い筋肉の使い方をするな…」

木原「分かったら、さっさとどっか行け!」(こ、こいつ…全く分かってねぇ…)

木原(これじゃあ使い物にもならねぇな…殺すか)

大神さくら「……やめておけ。」

木原「あぁ?」

23 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:57:51.27 ntPbbgYY0 14/25
大神さくら「我を殺すつもりの様だが…それは不可能だ」

木原「なっ⁉」(何故分かった!まさかっ…精神読解系の能力者か⁉)

大神さくら「貴様の筋肉の動きから察するに図星の様だな」

木原「てめぇ釜かけやがったな…」

木原「舐めたことしやがって…殺してやるよ」

木原「ジワジワとな!」

大神さくら「……悪いが1秒で済まさせてもらうぞ木原よ!」

木原「バズーカぶっ放してやるよ」ガチャ

木原「し…ブハァ!!!!」ドゴオ

大神さくら「言った筈だぞ木原よ…1秒で済ませるとな」

28 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 12:05:07.30 ntPbbgYY0 15/25
大神さくら「さて…あの明るい場所に行くとするか」

………………
……………
………

上条「ガハァ!…はぁ…はぁ…」

ヴェント「ハッハッ!情けねぇなオイ!!」

ヴェント「お前なんて幻想殺しさえ注意してりゃ余裕なんだよ!!」

上条「なん…だと…!」

上条「くっ……」フラッ

大神さくら「なんだ…この光景は…」

上条「⁉」(しまった…一般人が!)

ヴェント「…何だお前?」(天罰術式が効いて無いのか…?)

大神さくら「我か…我の名は大神さくらだ。それより貴様らは何をしている?」

30 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 12:12:45.54 ntPbbgYY0 16/25
ヴェント「見りゃ分かるだろ…こいつを殺すところだよ!」

上条「はぁ…はぁ…逃げろ!!ここは危ない!早く逃げるんだ!」

大神さくら「逃げる…だと?我は自らここへ足を運んだのだ。この光を辿ってな」

大神さくら「それに、死にそうな人を見捨てるなど我には出来ん」

上条「けどっ‼」

大神さくら「一つ聞いて良いか…黄色い女よ」

ヴェント「なんだよ?」

大神さくら「ここへくる途中、人が何人も倒れていたが…それは貴様の仕業か?」

ヴェント「そうだけど…何か文句でもあるわけ?」

大神さくら「そうか…貴様名をなんという…」

ヴェント「質問は一つだけじゃなかったっけー?…まぁいいや、答えてやるよ」

31 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 12:22:52.79 ntPbbgYY0 17/25
ヴェント「私の名前はヴェント!ローマ正教グバァ!!」ドゴォン

大神さくら「ヴェントよ…我は貴様を許さんぞ!!!!!」ゴゴゴゴ

ヴェント「ゴホォ!…はぁ…はぁ…っオエッ…っ畜生…てめぇ!!」(何故天罰術式が効いて無いんだ⁉こいつは…明らかに敵意がある筈…なのに何故⁉)

ヴェント「てめぇ…私に敵意あんのか?」

大神さくら「…無いな」

ヴェント「⁉じゃあ何なんだ⁉敵意が無いなら何故攻撃してきた!」

大神さくら「我は武闘家だ…故に試合でしか相手に敵意は向けん」

大神さくら「我が貴様に向けているのは…殺意だ」

ヴェント「な…に?」

大神さくら「だが安心するがいいぞ…殺しはしない」

大神さくら「ただ…貴様には少し眠っていてもらうぞヴェントよ!!」

34 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 12:31:03.08 ntPbbgYY0 18/25
ヴェント「クソがぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

大神さくら「ハァァァァァ!!!!」ギュイン

ドガァァァァァァァァァァァァァ

ヴェント「あ……ガ」ドサ

大神さくら「殴るまでも無かったか…」

上条「す、すげぇ…あのヴェントを気合だけで…」

大神さくら「そこの男よ…名は?」

上条「あ、上条です…ハイ」

大神さくら「そうか…肋骨が数本折れているよだな…すぐにでも病院に…っ⁉」

大神さくら「誰だ…貴様は…」

アックア「……ヴェントを倒したのは貴様か?」

大神さくら「そうだが…」

アックア「そうか。また会う日がくるだろう…その時は貴様を片付けてやるぞ」

ヴェント「」

アックア「さらばだ…」

35 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 12:38:58.73 ntPbbgYY0 19/25
……………
………
……

大神さくら(ヴェント…我の全力の蹴りをくらっても立ち上がってくるとは…それに…)

大神さくら(たった一回蹴っただけで…我の足がダメになってしまった…)

大神さくら(まだまだ我は弱いな…)

大神さくら(うむ!今日からは修行に力を注ぐぞ!!)

大神さくら(超能力は…明日からだ!)

36 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 12:43:21.58 ntPbbgYY0 20/25
【次回予告】
やめて!一方通行の超能力で、大神さくらの攻撃が跳ね返されたら、
ベクトル操作でさくらちゃんの腕をがズタボロになっちゃう!
お願い、負けないでさくらちゃん!あんたが今ここで倒れたら、苗木君や朝日奈との約束はどうなっちゃうの?
勝算はまだ残ってる。これを耐えれば一方通行に勝てるんだから!

次回、「さくら 死す」。プロテインスタンバイ!
昨日とだいぶ変わってしまった

37 : 以下  ◆9XhjG9TDEA – 2013/09/03(火) 12:46:31.65 lYsvr5Ow0 21/25
なんだこれ

38 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 12:51:20.59 ZKuBCr+L0 22/25
なんじゃこら

25 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 11:59:40.80 42h2OPxaO 23/25
弾丸禁書クロスは初か?
進撃禁書もみたことないな

26 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 12:00:54.65 VQNaBV2h0 24/25
むしろ禁書勢がモノクマに挑戦しろよ

29 : 以下、名… – 2013/09/03(火) 12:07:02.35 4ZsMjCTx0 25/25
さくらちゃんなら普通にアックアと肉弾戦できそうで怖い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする