【江ノ島盾子SS】江ノ島「うぷぷ……うぷっ」

1 : VIPに… – 2014/10/11 06:25:49.44 qiOkYapl0 1/14
江ノ島「おえぇぇ……」ゲロゲロ

苗木「えー……」

2 : VIPに… – 2014/10/11 06:31:08.47 qiOkYaplo 2/14
葉隠「うぉっ!黒幕がでて来た途端に吐いたべ!」

十神「一体なんなんだこいつは!」

苗木「大丈夫?確か景品の水が……あった。ほら、これ飲んで」

江ノ島「あ、ありが……うぷっ、けほっ」ゲロー

苗木「あぁあぁ、えーと、男のロマンの桶が……あった。ほら、吐くならここにしてねー、全部吐いちゃおーねー」トントン

江ノ島「うぷっけほっ……おえええええ」ゲロゲロ

朝日奈「……どういう、こと?」

腐川「さ、さぁ……」

霧切(なえぎきゅんマジ天使)
4 : VIPに… – 2014/10/11 06:35:28.27 qiOkYaplo 3/14
江ノ島「ぁー……」

苗木「全部でたねー、ほら、口ゆすいで」

江ノ島「んー……」

苗木(こまるがお腹の風邪引いた時もおんなじ感じだったな)

苗木「はい、水飲んで」

江ノ島「ぅー……ふぅ」ゴックン

苗木「あーあー、服にもついてるし……これじゃ裁判は無理だね。みんな、一旦上に戻ろう。保健室に行かないと」

十神「そんなもの、無理にでもやらせればいいだろう!」

苗木「多分喋ることもできないよこれじゃあ」

江ノ島「ごべん……」

十神「チッ……」

霧切「エレベーター、動くわね……いきましょう」

苗木「うん。ほら、えーと、江ノ島さん?肩」

江ノ島「ぅー……」
5 : VIPに… – 2014/10/11 06:39:40.82 qiOkYaplo 4/14
ほけんしつ

苗木「服を変えるとかその辺りは女子のみんなでやるって、追い出されちゃった」

葉隠「まぁそりゃ当然だべ……しかしなんで、江ノ島っちはでてきた途端に吐いたんだべ?」

十神「ツケが回って体調不良でも起こしたのだろう」

苗木「うーん、どうなんだろうね……」

扉<おええええええ
扉<きゃあああ!!

葉隠「いくら可愛いギャルでもあれじゃあ形無しだべ」

十神「ふんっ、珍しく同意見だな……見るに耐えん」

苗木「ちょっと二人とも。風邪は誰でも引いちゃうんだからそんなこといっちゃだめだよ」

扉<はいっていいわよー

苗木「あ、はーい」
6 : VIPに… – 2014/10/11 06:47:20.82 qiOkYaplo 5/14
江ノ島「」ぐったり

霧切「バケツ、洗ってくるわね」

朝日奈「う、うん、よろしくー」

腐川「なんであんなに吐けるのよ、胃の中にどんだけ胃液あんのよ……」

江ノ島「ちょ、ごめ、腐川、近寄らないで、匂いが……うぷっ」

腐川「だあぁぁもう!でてくわよ!でてきゃいいんでしょ!」

十神「俺もこんな情けない女に興味はないな、裁判が始まるまで図書室にでもいるぞ」

苗木「落ち着いたら呼びに行くね」

十神「あぁ」ピシャッ

朝日奈「もー!こんな時まであいつら冷たいし……ちょっと江ノ島ちゃん……だよね?の服、お洗濯してくるね~」

葉隠「俺は消臭剤でも探してくるべ」

苗木「うん、よろしく」

江ノ島「……ごめん」

苗木(あぁ、なんて覇気のない顔を……)
7 : VIPに… – 2014/10/11 06:51:58.79 qiOkYaplo 6/14
苗木「体温は図った?」

江ノ島「いや、多分風邪じゃないんだよね……」

苗木「なにかあったの?」

江ノ島「いや、その……どっちに転ぼうが、今日が最後の裁判だったじゃん」

苗木「うん」

江ノ島「前夜祭ってことで、その、お酒を……下戸なんだけどそれも忘れて飲みすぎて……」

苗木「えー……」

江ノ島「二日酔いきつかったけど、モノクマ操作はギリギリできたから……でも、あの、向こうに移動したらもう限界で……けほっけほっ」

苗木「あぁほら、水、水」

江ノ島「んくっんくっ……ふぅ……ありがと、ほんとごめんね、裁判台無しにしちゃって……」

苗木「いや、別にいいけどさ……」

江ノ島「本当ごめん……」

苗木(ひとまわりは小さく見えるな……)
9 : VIPに… – 2014/10/11 06:57:01.20 qiOkYaplo 7/14
江ノ島「でも、多分もう大丈夫だから、再開しよう……うええぇ……」ドサ

苗木「あーもう!無理しちゃダメだよ!しばらく寝てな。誰も急かさないから」

江ノ島「……ごめん、うぅ、ううぅ」メソメソ

苗木「ほら、子守唄でも歌う?」

江ノ島「いらないいぃ……ごめんなさいぃぃぃ……」メソメソ

苗木「うんうん、辛いね、ごめんなさいしたいよねー」ナデナデ

江ノ島「……くぅ……くぅ……」

苗木「寝つきいいな……こまるならお話ししよーって、いつまでも寝ないんだけど」

霧切「……」ガラガラッ

苗木「あ、霧切さん、お疲れ様」

霧切「母性に惚れ直しました、結婚してください」

苗木「えっ///」
10 : VIPに… – 2014/10/11 07:05:21.18 qiOkYaplo 8/14
そんな江ノ島がセッティングした裁判がうまく行くはずもなかった……

葉隠「裁判前に配られたこの苗木っちのブロマイドはなんなんだべ」

腐川「誰得よ誰得……」

江ノ島「ごめん、それお姉ちゃんの集めてたやつ……」

苗木「えー……」
十神財閥は脱毛した
十神財閥は発情した
十神財閥は落城した

苗木「……なんだこの選択肢」

十神「……落城、でいい……のか?」

江ノ島「ごめん、それ全部滅亡……」

十神「えっ」
苗木「ところでさ、なんであんな大量に江ノ島さんの証拠残してたの?特定簡単だったけど」

江ノ島「酔いつぶれてて……」

朝日奈「うわぁー……」

霧切「も、もう決選投票にしましょう。これ以上はかわいそ……見てられないわ」キリッ

江ノ島「ゴメン、ゴメン……」ポロポロ

苗木「あー、なかないで、頑張って」
11 : VIPに… – 2014/10/11 07:11:22.60 qiOkYaplo 9/14
江ノ島「え、えーと……この決選投票では、一人でも絶望を押すと、苗木以外の全員はここで一生過ごすことになって、苗木は……えーと……絶望的なお仕置き?を受けることになる」

江ノ島「全員が希望を押すと、私が死んで、外への扉が開く……ってことで」

苗木「うん、よくがんばったね」ナデナデ

江ノ島「う、うん……///」

霧切「ほら、早く投票するわよ。結果は分かりきってるじゃない」イラッ

江ノ島「だよね、絶望振り負けなかったし……」

葉隠「じゃーみんなでスイッチ押すべ!」

バンッ!

[苗木][苗木][苗木]

苗木「えっ」

江ノ島「えっ」

霧切「えっ」

葉隠「えっ」

朝日奈「えっ」

腐川「えっ」

十神「……」

13 : VIPに… – 2014/10/11 07:21:33.62 qiOkYaplo 10/14
十神「十神の消えた外に、希望なんて……」

霧切「かませぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

朝日奈「ちょっと十神、空気読んでよ!これじゃ苗木がお仕置き受けちゃうよ!」

腐川「おまけに生き恥晒した江ノ島が名誉挽回のお仕置きラッシュを受けられないわぁ……」

葉隠(なんだ、なら俺も絶望押しときゃよかった)

江ノ島「え?か、勝った、の?」

苗木「え、これ僕負けたの?やばくね?」

江ノ島「え、そ、その、なんか、すごくごめん」

苗木「うん……うわー、すごく納得行かない」

江ノ島「うー……じゃ、じゃあ、お仕置きターイム……うぅ」
14 : VIPに… – 2014/10/11 07:45:51.19 WjbZgnKkO 11/14
ガシャーン
ガシャーン

苗木「ちょっとまってよ!この際お仕置き受けるのはいいけどそれならもっとシリアスに殺してよ!」モゾモゾ

霧切「しゃおらっ!」バキィ

十神「」

朝日奈「苗木ぃぃぃ!!!!」

腐川「さ、流石にこれは……」

葉隠「殺すなら内臓が無事な殺し方するべ」

霧切「うっしゃああ!!」ボゴォ

葉隠「」

江ノ島「う、ううぅぅ……」

江ノ島「うわああああああん!!!」バッ

江ノ島「やっぱ苗木死んじゃダメーーーーー!!!」ダダダダ

苗木「え、えのしまさん!?やばいって!きたらやばいって!君まで潰されr」

ガシャーーーーン!!

霧切「なえぎくぅぅぅぅぅう!!!!」
15 : VIPに… – 2014/10/11 07:52:34.15 WjbZgnKkO 12/14
霧切「うう、うううう……」メソメソ

朝日奈「霧切ちゃん……」

腐川「……あ、あれ?おかしいわね、空気清浄機が止まんないわよぉ……」

朝日奈「え、ほんとだ……あ!みて、プレス機のそば!あれ脱出スイッチだよ!」

腐川「ってことは、なに?この学園は使えるままで、外にも出られるってこと?」

朝日奈「それだけ聞けばいい結果に聞こえるけど……」

霧切「ふええええん……」メソメソ

朝日奈「だ、大丈夫だよ霧切ちゃん!空気清浄機が動いてるってことは黒幕は生きてるし、あの状況で黒幕が生きてるってことは、苗木も生きてるよ!」

腐川「確かに可能性はあるわね……」

霧切「……そう、よね、まだ希望を捨てるには早いわ!」ガバッ

霧切「私たちで協力して、この学園を拠点に元の世界を取り戻す!希望は前に進むのよ!」

朝日奈 腐川「おー!」

十神「」

葉隠「」
16 : VIPに… – 2014/10/11 07:59:17.20 WjbZgnKkO 13/14
ーーー数年後

「ただいまー」

「おかえりー、ご飯出来てるよー」

「うん、ありがとう」

「今日は豪華にしたからねー」

「うわぁ、たのしみだなっ」

「うぷぷ……うぷっ」

「え!どうしたの!?」

「けほっけほっ……そ、その……できちゃつた、かも」

「……え!?本当かい!?」

「もしかしたら、だけど……明日検査に行ってくるね」

「あぁ……」

誠「ありがとう、盾子さん……!」ギュッ

盾子「もー、誠ってば大げさ……うぷぷ」

END
17 : VIPに… – 2014/10/11 08:00:47.27 WjbZgnKkO 14/14
盾子ちゃんならたとえ目の前で盛大に嘔吐しても引かない
じゃあ依頼してくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする